[Flutter] Application IDの変更

2022-04-12 hit count image

Flutterで生成したアプリのApplication IDを変更する方法について説明します。

概要

Flutterでは下記のコマンドを使ってプロジェクトを生成します。

flutter create project_name

このように生成したアプリは基本的com.example.project_nameのように任意にApplication IDが生成されます。Flutterで開発されたアプリをデプロイするためにはユニークなIDでApplication IDを変更する必要があります。今回のブログポストではFlutterで生成したアプリのApplication IDを変更する方法について説明します。

iOS

Flutterで生成したプロジェクトでiOSアプリのApplication IDを変更するためios/Runner.xcworkspaceファイルを実行します。

flutter change iOS bundle identifier

Xcodeが実行されたら、左タブでRunnerを選択してTargetsRunnerを選択します。そしてGeneralタブでBundle Identifierを好きなApplication IDで変更します。

Application IDは普通次のようにURLを逆で入力する形を使います。

com.posstree.dev.yakuza.app

Android

Flutterで生成したプロジェクトでアンドロイドアプリのApplication IDを変更するため、android/app/build.gradleファイルを開いて下記のようにdefaultConfigapplicationIdを好きなApplication IDで変更します。

defaultConfig {
    // TODO: Specify your own unique Application ID (https://developer.android.com/studio/build/application-id.html).
    applicationId "com.example.project_name"
    ...
}

Application IDは普通次のようにURLを逆で入力する形を使います。

com.posstree.dev.yakuza.app

完了

今回のブログポストではFlutterで生成したアプリのApplication IDを変更する方法についてみてみました。Flutterで開発したアプリをApp StoreやPlay Consoleにデプロイするためには必ずユニークなApplication IDを設定する必要があります。Flutterのアプリをデプロイするため必須条件なので、よく覚えておきましょう。

私のブログが役に立ちましたか?下にコメントを残してください。それは私にとって大きな大きな力になります!

アプリ広報

今見てるブログを作成たDekuが開発したアプリを使ってみてください。
Dekuが開発したアプリはFlutterで開発されています。

興味がある方はアプリをダウンロードしてアプリを使ってくれると本当に助かります。

Posts