[GetX] Dialog

2022-01-24 hit count image

FlutterでGetXを使ってDialogを使う方法について説明します。

概要

今回のブログポストではGetXを使ってDialogを使う方法について説明します。このブログポストで紹介するソースコードは下記のリンクで確認できます。

ブログシリーズ

このブログポストはFlutterでGetXを使う方法についてシリーズとしてまとめています。GetXの他の使い方については下記のリンクを参考してください。

GetXのインストール

FlutterでGetXの使い方を確認するため下記のコマンドを使ってFlutterの新しいプロジェクトを生成します。

flutter create dialog

その後下記のコマンドを実行してGetXパッケージをインストールします。

flutter pub add get

次はこのようにインストールしたGetXを使ってDialogを使う方法について説明します。

Dialogを表示する

GetXを使ってDialogを使うためには次のようにGet.dialog関数を使う必要があります。

Get.dialog(
  AlertDialog(),
);

これを確認するため、lib/main.dartファイルをを開いて次のように修正します。

import 'package:flutter/material.dart';
import 'package:get/get.dart';

void main() {
  runApp(const MyApp());
}

class MyApp extends StatelessWidget {
  const MyApp({Key? key}) : super(key: key);

  @override
  Widget build(BuildContext context) {
    return GetMaterialApp(
      title: 'Flutter Demo',
      theme: ThemeData(
        primarySwatch: Colors.blue,
      ),
      home: const MyHomePage(),
    );
  }
}

class MyHomePage extends StatelessWidget {
  const MyHomePage({Key? key}) : super(key: key);

  void openDialog() {
    Get.dialog(
      AlertDialog(
        title: const Text('Dialog'),
        content: const Text('This is a dialog'),
        actions: [
          TextButton(
            child: const Text("Close"),
            onPressed: () => Get.back(),
          ),
        ],
      ),
    );
  }

  @override
  Widget build(BuildContext context) {
    return Scaffold(
      appBar: AppBar(
        title: const Text("Dialog"),
      ),
      body: Center(
        child: Column(
          mainAxisAlignment: MainAxisAlignment.center,
          children: [
            const Text('Dialog example'),
            OutlinedButton(
              onPressed: openDialog,
              child: const Text('Open'),
            )
          ],
        ),
      ),
    );
  }
}

これを実行すると次のような画面が確認できます。

Flutter - GetX dialog open button

画面い表示されたOpenボタンを押すと次のようにGet.dialog関数が呼び出されます。

void openDialog() {
  Get.dialog(
    AlertDialog(
      title: const Text('Dialog'),
      content: const Text('This is a dialog'),
      actions: [
        TextButton(
          child: const Text("Close"),
          onPressed: () => Get.back(),
        ),
      ],
    ),
  );
}

その後次のようにdialogが表示されることが確認できます。

Flutter - GetX dialog

Dialogを閉じる

画面に表示されたDialogを閉じるためには次のようにGet.back()関数を使います。

Get.back();

例題では次のように閉じるボタンにGet.back()関数を使えるようにしました。

void openDialog() {
  Get.dialog(
    AlertDialog(
      ...
      actions: [
        TextButton(
          child: const Text("Close"),
          onPressed: () => Get.back(),
        ),
      ],
    ),
  );
}

Dialogをチェックする

GetXでは次のようにDialogが開いてるかどうかを確認することができます。

Get.isDialogOpen

これを確認するためopenDialog()関数を次のように修正します。

void openDialog() {
  Future.delayed(const Duration(seconds: 1), () {
    // ignore: avoid_print
    print(Get.isDialogOpen);
  });

  Get.dialog(
    ...
  );
}

これを実行すると1秒後にtrueが出力されることが確認できます。

flutter: true

完了

これでGetXを使ってFlutterでDialogを表示する方法についてみてみました。また、Dialogを閉じる方法やDialogが開いてるかどうかを確認する方法についてもみてみました。

私のブログが役に立ちましたか?下にコメントを残してください。それは私にとって大きな大きな力になります!

アプリ広報

今見てるブログを作成たDekuが開発したアプリを使ってみてください。
Dekuが開発したアプリはFlutterで開発されています。

興味がある方はアプリをダウンロードしてアプリを使ってくれると本当に助かります。

Posts