[React] GitHub ActionsでPrettierとESLintを使う方法

2021-06-27 hit count image

Reactプロジェクトに設定したPrettierとESLintをGitHub Actionsを使って実行してみましょう。

ブログシリーズ

このブログはシリーズで作成されております。次はブログシリーズのリストです。

概要

今までcreate-react-appで生成したReactプロジェクトにPrettierとESLintを設定して、huskyとlint-stagedを使ってPrettierとESLintを自動で実行されるようにしてみました。今回のブログポストではGitHub Actionsを使ってPull Requestが作られた時、PrettierとESLintを実行する予定です。

ここで紹介するコードは下記のリンクでい確認できます。

GitHub Actions

そしたらGitHub Actionsを使うため、GitHub Actionsの設定ファイルを作ってみましょう。./.github/workflows/main.ymlファイルを生成して下記のように修正します。

name: Check the source code
on:
  pull_request:
    branches:
      - main
jobs:
  test:
    name: Check the source code
    runs-on: ubuntu-latest
    steps:
      - uses: actions/[email protected]
      - name: Install packages
        run: npm ci
      - name: Prettier
        run: npm run format
      - name: Lint
        run: npm run lint

コードをもっと詳しくみてみましょう。

このGitHub Actionsの名前はCheck the source codeです。

name: Check the source code
...

このGitHub ActionsはmainブランチにPull Requestが生成されると実行されます。

...
on:
  pull_request:
    branches:
      - main
...

このGitHub ActionはCheck the source codeと言うFlowを持っていて、ubuntuの上で実行されます。

...
jobs:
  test:
    name: Check the source code
    runs-on: ubuntu-latest
...

まず、現在Repositoryのソースコードを持ってきます。

...
jobs:
  test:
    ...
    steps:
      - uses: actions/[email protected]
...

持ってきたソースコードでNodeのパッケージをインストールして、すでに定義されたPrettierとESLintのnpmスクリプトを実行します。

...
jobs:
  test:
    ...
    steps:
      ...
      - name: Install packages
        run: npm ci
      - name: Prettier
        run: npm run format
      - name: Lint
        run: npm run lint

このように全ての内容を修正したら、次のコマンドを実行して当該内容をGitHubにアップロードします。

git add .
git commit -m 'Add GitHub Actions'
git push origin main

確認

このように作ったGitHub Actionsを確認してみましょう。次のコマンドを実行して新しいブランチを作ります。

git checkout -b test-pr

そして./src/App.tsxファイルを開いて下記のように修正します。

const App = (): JSX.Element => {
  console.log('test!');
  return (
    ...
  );
};

その後、次のコマンドを実行して当該内容をGitHubにアップロードします。

git add .
git commit -m 'Add test code'
git push origin test-pr

もし、以前設定したhuskyとlint-stagedのせいで、Commitができない場合、./package.jsonファイルの下記の内容を探して消します。

{
  ...
  "husky": {
    "hooks": {
      "pre-commit": "lint-staged"
    }
  },
  "lint-staged": {
    "src/**/*.{ts,tsx}": [
      "eslint --ext .tsx --ext .ts ./src"
    ],
    "./src/**": [
      "prettier --check ./src"
    ]
  },
  ...
}

そしてもう一度下記のコマンドを実行して修正した内容をGitHubにアップロードします。

git commit -m 'Add test code'
git push origin test-pr

このようにGitHubへ修正した内容をアップロードしたら、GitHubサイトに移動した後、Pull requestsのタブを選択して、New pull requestを押して新しいPull Requestを生成します。

GitHub create pull request

GitHub Actionsを上手く設定したら、先作ったPull requestの下に次のようにGitHub Actionsでエラーが発生することが確認できます。

GitHub actions error

右にあるDetailsを選択したら、GitHub Actionsで発生したエラーの詳しい内容を確認することができます。

GitHub actions error details

私たちが設定したESLintのルールを守ってない部分があり、そこでエラーが発生したことが確認できます。このように私たちが設定したGitHub Actionga上手く動いてることが確認できます。

完了

これでGitHub Actionsを使ってPrettierとESLintを実行する方法について説明しました。huskyとlint-stagedを設定したので、事前に問題を発見できますが、開発者全員が同じ環境ではないので、GitHub Actionsを作って同じ環境でPrettierとESLintでソースコードを解析することができます。

PrettierとESLint以外にもGitHub Actionsで色んな機能を実装することができます。皆さんもGitHub Actionsを使ってCI/CDを実装してみてください。

私のブログが役に立ちましたか?下にコメントを残してください。それは私にとって大きな大きな力になります!

Posts