[Next.js] Storybook

2022-05-14 hit count image

TypeScriptベースのNext.jsプロジェクトでStorybookを使ってコンポーネント主導開発をしてみましょう。

概要

今回のブログポストではTypeScriptをベースにしたNext.jsプロジェクトにStorybookを入れてコンポーネント主導開発(Component Driven Development)をやってみましょう。

ここで紹介するソースコードは下記のリンクで確認できます。

ブログリスト

このブログポストはシリーズで作成されています。次はNext.jsのシリーズリストです。

TypeScriptベースのNext.jsプロジェクトの生成

TypeScriptが適用されたNext.jsStorybookを使うため、下記のコマンドを使ってTypeScriptが適用されたNext.jsプロジェクトを生成します。

npx create-next-app --typescript start-storybook

Storybookのインストール

TypeScriptが適用されたNext.jsプロジェクトでStorybookを使ってコンポーネント主導開発をするためにはStorybookをインストールする必要があります。次のコマンドを実行してStorybookをインストールします。

# cd start-storybook
npm install --save-dev sb

Storybookの初期化

Storybookを使うためにはStorybookを初期化して必要なライブラリをインストールする必要があります。次のコマンドを実行してStorybookを初期化します。

npx sb init --builder webpack5

その後、次のように自動でStorybookが初期化されることが確認できます。

 sb init - the simplest way to add a Storybook to your project.

 • Detecting project type. ✓

    There seems to be a Storybook already available in this project.
    Apply following command to force:

   sb init [options] -f

🔎 checking 'cra5'
🔎 checking 'webpack5'
🔎 checking 'angular12'
🔎 checking 'mainjsFramework'
Unable to find storybook main.js config, skipping
🔎 checking 'eslintPlugin'

最後に、次のような質問が出ます。

? Do you want to run the 'eslintPlugin' fix on your project? › (y/N)

ESLintを使ってコードを検査している場合はyキーを押して、違う場合はNキーを押して進めます。このブログポストではyキーを押して進めました。

その後、次のようにStorybookに必要なライブラリが自動でインストールされることが確認できるし、Storybookを実行するスクリプトが自動で作成されることが確認できます。

Storybook configuration automatically

{
   ...
   "scripts": {
    ...
    "storybook": "start-storybook -p 6006",
    "build-storybook": "build-storybook"
  },
  ...
  "devDependencies": {
    "@babel/core": "^7.17.7",
    "@storybook/addon-actions": "^6.4.19",
    "@storybook/addon-essentials": "^6.4.19",
    "@storybook/addon-interactions": "^6.4.19",
    "@storybook/addon-links": "^6.4.19",
    "@storybook/react": "^6.4.19",
    "@storybook/testing-library": "^0.0.9",
    "babel-loader": "^8.2.3",
    "eslint-plugin-storybook": "^0.5.7",
    ...
  }
}

また、次のようにStorybookを使う方法を教えるため、サンプルコードが一緒に生成されることが確認できます。

  • ./.storybook/...: Storybookに関する設定ファイル
  • ./stories/...: Storybookのサンプルファイル

publicフォルダ設定

Next.jspublicフォルダにあるstaticファイル(イメージ)をStorybookでも認識できるようにするためscriptsを次のように修正します。

{
   ...
   "scripts": {
    ...
    "storybook": "start-storybook -p 6006 -s ./public",
    "build-storybook": "build-storybook -s public"
  },
  ...
}

Storybookの実行

今まで設定したStorybookを実行して、Storybookが上手くインストールされたか確認してみましょう。次のコマンドを実行してStorybookを実行します。

npm run storybook

そしたら、ブラウザにhttp://localhost:6006/が事項で開いて、次のような画面が表示されることが確認できます。

Storybook first screen

この画面は./stories/Introduction.stories.mdxファイル内容が表示された画面です。

Storybookの確認

実行されたStorybookの左メニューのButton > Primaryを押すと次のような画面が表示されます。

Storybook button sample

この画面は./stories/Button.stories.tsxファイルの内容が表示された画面です。

サンプルコード確認

もっと詳しくサンプルコードを確認してみましょう。Buttonコンポーネント(./stories/Button.tsx)は次のようになります。

import React from 'react';
import './button.css';

interface ButtonProps {
  primary?: boolean;
  backgroundColor?: string;
  size?: 'small' | 'medium' | 'large';
  label: string;
  onClick?: () => void;
}

export const Button = ({
  primary = false,
  size = 'medium',
  backgroundColor,
  label,
  ...props
}: ButtonProps) => {
  ...
};

Buttonコンポーネントはprimary, backgroundColorなど色んなPropsを持っていることが確認できます。次はStorybookファイル(./stories/Button.stories.tsx)の内容を確認してみましょう。

import React from 'react';
import { ComponentStory, ComponentMeta } from '@storybook/react';

import { Button } from './Button';

export default {
  title: 'Example/Button',
  component: Button,
  argTypes: {
    backgroundColor: { control: 'color' },
  },
} as ComponentMeta<typeof Button>;

const Template: ComponentStory<typeof Button> = (args) => <Button {...args} />;

export const Primary = Template.bind({});
Primary.args = {
  primary: true,
  label: 'Button',
};

export const Secondary = Template.bind({});
Secondary.args = {
  label: 'Button',
};

export const Large = Template.bind({});
Large.args = {
  size: 'large',
  label: 'Button',
};

export const Small = Template.bind({});
Small.args = {
  size: 'small',
  label: 'Button',
};

まず、Storybookに表示されるコンポーネントを用意します。

import React from 'react';
import { ComponentStory, ComponentMeta } from '@storybook/react';

import { Button } from './Button';

export default {
  title: 'Example/Button',
  component: Button,
  argTypes: {
    backgroundColor: { control: 'color' },
  },
} as ComponentMeta<typeof Button>;

const Template: ComponentStory<typeof Button> = (args) => <Button {...args} />;
...

argTypesbackgroundColorcontrol: 'color'を設定すると、次のようにStorybookで色を選択することができます。

Storybook color control

その後、画面に表示されるStoryを作成します。

...
export const Primary = Template.bind({});
Primary.args = {
  primary: true,
  label: 'Button',
};
...

ここではargsButtonコンポーネントのPropsを設定して色んなStoryを作ることができます。

Storybookの設定

まずNext.jsglobals.cssStorybookでも使えるように設定する必要があります。./storybook/preview.jsファイルを開いて下記のように修正します。

import '../styles/globals.css'

export const parameters = {
  ...
}

現在はStorybookを作成するためには./storiesフォルダに作成する必要があります。しかし、普通コンポーネントは./componentsフォルダを生成して管理をします。

このようにStorybookを他のフォルダで作成するためには./.storybook/main.jsファイルを修正する必要があります。./.storybook/main.jsファイルを開いて下記のように修正します。

module.exports = {
  "stories": [
    "../**/*.stories.mdx",
    "../**/*[email protected](js|jsx|ts|tsx)"
  ],
  ...
}

今後はどんなフォルダでも.stories.tsxファイル名を持ってれば、Storybookがこれを認識して画面に表示させます。これを確認するためん./components/SampleButtonフォルダを生成して次のようにファイルをコピーしてみます。

  • ./stories/button.css > ./components/SampleButton/index.css
  • ./stories/Button.stories.tsx > ./components/SampleButton/index.stories.tsx
  • ./stories/Button.tsx > ./components/SampleButton/index.tsx

そして、./components/SampleButton/index.tsxファイルを開いて下記のように修正します。

...
import './index.css';
...
export const SampleButton = ({
   ...
}: ButtonProps) => {
   ...
};

その後、./components/SampleButton/index.stories.tsxファイルを開いて下記のように修正します。

...
import { SampleButton } from '.';
...
export default {
  title: 'Example/SampleButton',
  component: SampleButton,
  ...,
} as ComponentMeta<typeof SampleButton>;

const Template: ComponentStory<typeof SampleButton> = (args) => (
  <SampleButton {...args} />
);
...

Storybookの設定を変更したので、これを反映されるため、現在実行中のStorybookを終了して、再び実行します。Storybookが再び実行されると次のように私たちが作ったSampleButtonが上手く表示されることが確認できます。

Storybook SampleButton

完了

今回のブログポストではTypeScriptをベースにするNext.jsプロジェクトにコンポーネント主導開発をするため、Storybookを設定する方法についてみてみました。今度からアプリを開発するとき、Storybookを見ながら、コンポーネントに集中して開発してみてください。

私のブログが役に立ちましたか?下にコメントを残してください。それは私にとって大きな大きな力になります!

アプリ広報

今見てるブログを作成たDekuが開発したアプリを使ってみてください。
Dekuが開発したアプリはFlutterで開発されています。

興味がある方はアプリをダウンロードしてアプリを使ってくれると本当に助かります。

Posts