[React] PropsとState

2021-07-01 hit count image

Reactでデータを扱う重要な概念であるPropsとStateが何なのか説明して、使う方法について説明します。

概要

Reactでコンポーネントがデータを扱う方法にはPropsStateそしてContextがあります。今回のブログポストではPropsとStateに浮いて概念を説明します。

ReactでContextを扱うためContext APIを使う方法については下記のリンクを確認してください。

Props

Props(Properties)は親コンポーネントから子コンポーネントに渡すデータを意味します。親コンポーネントから受けたデータなので、子コンポーネントで編集はできません。これはコンポーネントの属性(Properties)と言われます。

私たちは既にHTMLを使う時属性について概念を使ってました。

<div id="name" class="label" onclick="alert('Hello World!');">
  Hello world!
</div>

上のコードはHTMLのdivタグにidとclassの属性を設定してonclickの属性に直接JavaScriptのalertのコードを使ってます。このように私たちは既にHTMLの属性と言う概念を使ってました。Reactではこの属性と言う概念にデータを渡す概念を追加して拡張したことです。

const Text = ({text}) => {
  return <div>{text}</div>
}

const App = () => {
  return <Text text='Hello world!'/>
}

上のように親コンポーネント(App)から子コンポーネント(Text)に属性(Props)を使ってHello world!と言う文字列のデータを渡してるところが確認できます。

State

Stateは1つのコンポーネント中で流動できなデータを扱う時使うし、コンポーネント中でデータを変更することができます。つまり、Stateは1つのコンポーネントの状態(State)を意味します。

次の例題は+ボタンを押すと、画面に表示された値が1上がるコードです。

import React, { useState } from 'react';

const Text = ({text}) => {
  return <div>{text}</div>
}

const App = () => {
  const [count, setCount] = useState(0);

  return <div>
    <Text text={count} />
    <div onClick={() => setCount(count + 1)}>+</div>
  </div>
}

Reactの関数コンポーネントではStateを使うためuseStateと言うフック(Hook)を使います。useStateはState変数の初期値をパラメータで渡してコールして、結果値として配列をリターンします。リターンされた配列にはuseState関数をコールする時設定した初期値が入った変数と当該変数を修正できるSet関数が含まれております。

const 配列 = useState (データの初期値);
  • 配列[0]: データの初期値が入ってる変数
  • 配列[1]: データを修正できるSet関数

普通はリターンされた結果値をJavaScriptの構造分解割り当て(Destructuring assignment)を使って変数とSet関数を割り当てって使います。

const [変数名, Set関数名] = useState (データの初期値);

useStateを使って割り当てた変数はImmutableです。したがって、当該値は直接修正が不可能で、当該値を変更するためには必ずSet関数を使う必要があります。

const App = () => {
  const [count, setCount] = useState(0);

  return <div>
    <Text text={count} />
    <div onClick={() => setCount(count + 1)}>+</div>
  </div>
}

完了

これでReactでコンポーネントがデータを扱う方法であるPropsとStateについて簡単に説明しました。Reactで1つのコンポーネントはコンポーネントの属性を意味して、修正できないデータであるPropsとコンポーネント中でコンポーネントの状態を意味して、変更可能なデータであるStateが存在してることを確認しました。今から皆さんもPropsとStateを使って素敵なReactコンポーネントを作成してみてください。

私のブログが役に立ちましたか?下にコメントを残してください。それは私にとって大きな大きな力になります!

Posts